ニンテンドー64のソフト&本体の買取

大乱闘スマッシュブラザーズのプレイ熱が冷めた理由

大乱闘スマッシュブラザーズのプレイ熱が冷めた理由

 

大分古いゲームになりますが、任天堂の大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)をニンテンドー64で友達とよく遊びました。

 

小学生の時ですので、今から15年くらい前の事です。当時はニンテンドー64が、スーパーファミコンの次に出た一番新しいゲーム機でした。

 

今までは2人プレイまでしかできなかったのが、ニンテンドー64では4人プレイまで遊べるという事で、友達の家にみんなで集まって、スマブラにはまっていました。

 

 

はじめてやった時は、友達にコテンパンに負かされて、とても悔しかったのを覚えています。その後、ニンテンドー64を親に買ってもらって、一人でCPUと戦いないがらスマブラの猛特訓をしました。

 

スマブラは技を繰り出すのにコントローラのスティックをはじくように指で動かすので、指の皮がむけるのはしょっちゅうでした。

 

 

今思えば笑い話です。特訓の甲斐あってかスマブラ仲間で一番強い友達にも勝てるようになりました。

 

しかし私はあんまり格闘ゲームは好きじゃないタイプだったので(スマブラは格闘ゲームではありませんが格闘ゲームの要素が強いです)、強くなりすぎた後で他の友達をぼこぼこにしたりするのが何だか可哀想な気がしてきて、スマブラの熱はだんだん冷めていきました。

 

 

今でもニンテンドー64のスマブラのソフトは家の物置にあります。できればどこかの子供達に譲りたいと思っています。

 

古いゲームですが、昨今のリアルな描写に偏ったゲームにはない古いゲームなりの良さがあると思います 。スマブラの大会まであったりして、今でもこのゲームのとりこになっている人たちもいるそうです。

 

どのサービスが任天堂64のソフト&本体の買取におススメ!?